使えるときが限定

| 未分類 |

車内から電力を取る車内用充電器ですが、気をつけなければならない点として、エンジンがかかっているときしか使えない、ということです。また、使い過ぎると、車内バッテリーに負担がかかってしまうので、ハイブリッドカーのトヨタのプリウスやアクアのような車のときには、余計にバッテリーに負担をかけていることになります。あまり意識されないことですが、携帯電話の中でも液晶対応のスマートフォンなどはかなり電力を使います。使い続けているうちにバッテリー機能が弱くなるとすぐに充電が必要になってしまうため、車内のバッテリーで付け続けておく、ということがあると、車のバッテリーに負担がかかってしまい、最終的に車のバッテリーを交換しなければならなくなる、ということも考えられます。そのようになってしまうと、プリウスのようなハイブリッドカーのバッテリー部分の交換は費用だけでも15万円から20万円程度の負担となってしまうので、最終的に非常に高く費用がついてしまうことがあります。また、エンジンがかけている間しか使えないため、ガソリン代のコストがかかってしまっていることになるので、なるべく電気の費用をできる限り減らせるように意識しておくことが大切です。