緊急のときにすぐに必要になったとき、万一、車内で携帯電話のバッテリーが無くなったときに使うタイプとして、使い切りのバッテリータイプの携帯電話の充電器が販売されています。だいたい、1000円前後で購入することができるタイプで、おおよそ携帯電話の機種にもよりますが、5時間から10時間を充電することができます。コンビニエンスストアや家電量販店などで販売していますが、実際に充電するとなると、やや使い切りタイプなので割高になってしまいます。
使い切りのメリットは、設置したまま、電話を使い続けることができる、ということです。内蔵バッテリータイプのほうが、電池タイプの携帯電話の充電器のタイプに比べて充電時間が長いので、急ぎで使いたいときなどは使い勝手がよいといえます。また、緊急の場合だからこそ、それほど多く使用することもないので、意識して使えるようにしておけば、いろいろな場面で携帯電話の使用方法の汎用性を広げる、という意味でとても有効です。ぜひ使い切りのバッテリーでうまく充電の対応をしておくと、いろいろな場面で使い勝手が良いので、非常に安心して使えることになります。ぜひ日頃の生活の中で意識して使えるようにしておくことをお勧めいたします。